パンク地獄 アウトバックへ突入

アウトバックで パンク地獄 !

パンク地獄 絶体絶命から脱出なるか?
ケアンズの滞在も気が付けば、二週間が過ぎていた。
ここでは自分だけの時間が流れ、滞在を拒むものは何もない。
居心地がいいのだ。

ケアンズのYHは比較的新しく、メンテナンスが行き届いていたし、大きな駐車場も完備されていた。
好きなだけバイクを弄ることができ、その変がウケて、ライダーが集まってくる。
毎晩、バイクの話で盛り上がっていた。
入れ替わりも頻繁で、いつのまにか私も古株になっていた。


今度の目標は、エアーズロックだ!

二通りのアクセスがある。もちろんストックルートを通る道を選んだ。それこそが、今回の旅の最優先課題であり、で来るだけ多くのオフロードを走ろうと心に決めていた。

旅環境にも慣れ、無駄が削ぎ落とされていく。
装備も必要な物を必要なだけにした。ダーウィンの進化論か?

この頃には、テントと寝袋は欠かせない存在であり、あの狭い空間が妙に落ち着くのである。

プレンティーハイウェイへと踏み込んだ。

赤茶けた大地は限りなく広い

走行中、後輪に違和感を感じた。

この旅初めてのパンクだ。一応、修理の練習だけは一度だけやってきた。
またこれが、とてつもなく厄介なのだ。
オフロードバイクの場合、一旦ホイールを外しそこから作業が始まる。しかも、タイヤレバーを駆使して無理やり抉ってもビートは落ちない。チューブを傷つけるのが関の山で、とにかく大変なのだ。慣れていないと、平気で数時間を要する事もある。

私も初心者なので、相当時間もかかったがなんとか終了。

ポンプで空気をを送り込むが一向にに膨らまない。
どうやら、チューブに傷をつけてしまったようだ。

早くもパンク修理の洗礼を浴びた。今度は慎重に作業を進め、やっとの思いで修理は完了した。

走り出すとまたもや違和感を感じる。

・・・

パンクだ。

ダートには、角の出た岩が至る所に転がっていたが、
タイヤにも原因があった。

装着しているのは、海外の安いヤツ!
おまけに競技用の為、消耗が激しいくブロックは殆ど無い。

またもや、やらかしたのだ。

作業も比較的慣れてきたが、それでも1時間はかかった。

気を取り直し先に進むが、無情にもパンクは続いた。
4回目を記録した時には、チューブはツギハギで、パッチは残り一つだけ。ノリも後一回分あるかどうか微妙である。

今日はパンク修理に時間を費やし、距離は稼げていない。
明日、町に辿り着かないとヤバい。最悪の事態も脳裏をよぎった。

バイクを捨てて、このまま日本へ帰りたい!
誰でもいい、私の代わりにパンク修理してくれる人はいないか?
でも、結局は自分でやるしかなかったが、心が折れてしまったのだ。
夕食は省き、テントを張る気力をも喪失し地面にシートだけを敷いてそのまま寝た。

朝起きると、心は回復していた。パンク修理を再開した。

・・・

最悪な事に、糊が残っていなかった。

しかし、すぐに閃き、瞬間接着剤を先日買ったのを思いだした。

他に助かる方法は無い。次の町までは、まだ300kmはある。
とてもパンクしたまま走れる距離では無かった。
接着剤を試すと、予想以上に上手くいった。

助かった!

こうして、なんとかパンク地獄から脱出に成功したのだ。
路面状況もよくなり、この後はパンクする事はなかった。

夕方前に無事?町へとたどり着く事が出来たのである。
エアーズロックにも、また少し近づいた。

エアーズロックに向かって、アクセル全開!

もう少しなのに、中々見えて来ない。


つづく~

宜しくお願いします!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください