ベイトの遠投 飛距離は正義!

ベイトの遠投

ベイトの遠投 について書いています。
昔からベイトリールを愛用しています。
小学校の時に、お年玉でダイワのファントムを買ったのは、
今でも覚えています。
当時は300g越えのリールに、300g越えのグラスロッド(シングルハンドル)を片手に、疲れて握れなくなるまで振っていました。
最近では、技術革新で軽量化が進み飛距離は格段に上昇、バックラは、激減している。

興味の対象は、最新機種でシマノ、ダイワは分け隔てなく、両方好きである。中でもお気に入りは、DCブレーキを搭載した、コンクエストである。最高です。

アングラーが二人になった時から、それは始まる。
人より遠く飛ばしたいと・・・
この考え方は昔から不変である。


ベイトの遠投

飛距離は正義

ベイトのキャスティング は実に楽しいし、良く飛びます。でも足りない・・・
もっと遠くへ飛ばしたいと考えるのはアングラーの性である。
じゃあ、どうしたらいいのかを綴っています。
昔は50m飛べば凄かったが、いまでは100mは当たり前なんですよね。 ベイトの遠投  はもはや正義なのだ。


①ルアー

・重い
・小さい
・バランスがよい

出来るだけ重いルアーがいいのは当然として、空気抵抗を減らす上で出来るだけ小さい方が有利である。そして、バランスもかなり重要で空中姿勢が乱れ回転でもしたら飛距離はがた落ちである。最近では、重心移動を採用したルアーが殆どです。
理想的なのは鉛のオモリであるが、それでは魚は釣れないので、メタルジグがいいですね。タングステンなら更に良い。


②ライン

・軽い
・細い
・丈夫

これは、ナイロン、フロロ、PEの中では、PEの一択である。軽くて丈夫なので細くも出来る。
大事なのは、何号を使うか?である。
目標飛距離とリールのラインキャパで糸巻き量は決まってくるが、30gあれば 100mは飛ぶので余裕をもって150m巻くとすると1.5号から2号となる。場合によっては3号も


③ロッド

・長い
・硬い
・長いグリップ
・抜けの良いガイド

これが、一番大変な難しく選択肢は限られている。
10f以上の長さ
40gをフルキャストできるロッドがシーバスロッドには殆どないのが現状である。
・リップル モンスターインパクト110H MAX70g
・アピア C109H MAX70g
・ABU 1002MH MAX80g
・フィッシュマン ブリストマリノ MAX70g
・MCワークス ワイルドブレーカー  MAX80g
・ツララ コローナ 106MH

かなりの剛竿・・・
中には、
ゼナック ミュートス100H MAX200g
なんかもあけど(笑)・・・

シーバス・ヒラメロッドなら
・テイルウォーク 106MH MAX50g
・ヤマガブランクス 103MH MAX45g
・アピア バウァー 92H MAX60g
・シマノ ワーシャ 17114R MAX80g
・Gクラ モンスターサーフ


④リール

・精密なスプール
・大口径スプール
・ナロースプール
・軽量スプール
・なめらかなベアルング/粘度の低いオイル
・抜けの良いレベルワインド
・優れたブレーキシステム

スプールの直径が大きい方が当然有利である。38mm以上がいいが、コンクエスト300になるとスプールは大きくなり、重量も増えてしまう。
シマノだと、
・アンタレスDCMD 18.9g/38mm
・コンクエストDC200 19g/38mm
・14コンクエスト200 要改造 40mm/10.9g
・コンクエスト300 要改造 29g/43mm
ダイワだと
・Z2020 38mm
・ジリオンHLC 36mm
・リョウガ 36mm

今の所、一番良く飛ぶと言われているアンタレスDCMDは、優れたブレーキシステムを搭載しているが、DCユニットがスプールに付属している為、スプールの重量は決して軽くは無い。

コンクエスト200改も軽量スプールで良く飛ぶが遠心ブレーキが強く効きベストとも言えない。

ベイトの遠投

まとめ

遠投用のロッドは大きく分けると2種類存在いします。
①磯ヒラ・シーバス・ヒラメ
②シュアジギ

どちらにも優位性はあります。
①は、だいたいMAX40g程度、長さ10.5~11フィート
②は、MAX60g以上で、少し短めの10フィート前後です。
なので、30g~40gのジグを投げる場合は、①です。
軽くて振り抜きも良い

50g以上のジグを投げる場合は、②です。

私の場合、①を好んでいます。重たいルアーと硬い竿なら飛んで当たり前ですよね。なので、実釣も考慮して①


今の所 本当の遠投の特化したベイトリールは無いのかな。
アンタレスDCMDのスプールがもう少し軽量化されればいいし、コンクエスト300の軽量スプールなんてあっても面白いですね。
とは言え、40年の進歩は素晴らしい事である。ベイトの遠投 は実に楽しい。
ただ一つ言える事がある、
私のキャスティング技術は進歩していない・・・

関連記事

ベイトを使う5つの理由
飛距離対決! 新旧カルカッタコンクエスト
ベイト で挑むシーバス釣り
サーフ で ベイトリールを使う六つの理由
ヒラメ のルアー釣り ベイトで挑む!


宜しくお願いします!

2 件のコメント

  • こんにちは!ストリームドライバーです☆
    ブログ一通り読ませて頂きまして、是非カルカッタコンクエストのブレーキチューンをオススメします♪お使いのブレーキ、、写真で拝見して、まだまだ伸びますよ!
    遠投が正義としたらば是非12アンタレスのポテンシャルをお試し頂きたいところですが、色々と皆さん苦労されていて道が険しいので、オススメはしませんwでも、カルコン、遠投時にレベルワインド、気になりませんか?笑
    フルチューン12アンタレスの凄いところは2.6gも余裕で19アンタレス より飛んじゃうところです。

    • こんにちは^_^
      遠投にどっぷりとハマってしまってね。以前は、琵琶湖でバスボート専門でしたので、全く気にならなかったのですが、シーバスやヒラメをやるようになってからは、目覚めてしまいました。釣果そっちのけです笑。
      コンクエスト は、かなりブレーキを削って、ギリギリまで詰めました。めちゃくちゃ飛びます。
      また、軽いルアーを遠くに飛ばす事も考えています。
      スピニングを凌駕する事を目指しています。

      12アンタレスはいいと聞いていましたが、そんなに飛ぶんですね〜

      最近、ダイワ系の34mm超軽量のスプールの気になってます。

      また、色々と教えて下さい^_^

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください