Gran Blue Link

ヒラメ のルアー釣り ベイトで挑む!

ヒラメ はベイトタックルを推奨します。

ヒラメ 釣りは、どうしてベイト タックル?
この際、メリットやデメリットはどうでもいいです。

ただ ベイトタックルが好きだから

私はベイトタックルを使い続け40年以上にもなります。←おっさんです!最初は、小学生の時にお年玉で買ったダイワ/ファントムでした。今で言う、オールドABUやフルーガーなどにも興味を持ち、その後も雷魚やバスにどっぷりとハマり、ずっとベイトを愛用しています。

もちろん、ワームもベイトフィネスです。シーバスやヒラメもベイト一択です。スピニングは持っていません。それだけベイトが楽しいからです。特にサーフのヒラメとの相性は抜群です。
サーフの釣りだからこそ、ベイトを使いましょう!

ヒラメの場合、デイゲーム中心なのでバックラッシュに関しては、そこまでシビアにならなくても大丈夫です。

ルアーウエイトが25g〜40gなので、スピニングよりたぶん飛びます。


100mは当たり前の世界です。


はっきり言って痺れますよ!バスタックルの比ではない。

・ロッド:10f
・リール:38mm大口径スプール
・ルアー:40gのメタルジグ
・ライン:PE2号



このスペックでフルスイングですよ!
めちゃくちゃ気持ちいいです!失敗すれば、即 高ギレです(笑)その緊張感もたまりません!


最初は、怖くてフルスイング出来ませんが、潜在意識が邪魔してくるのです。すると脳内リミッターが作動して、体が無意識に固まります。時間を掛けて、ゆっくりと取り除く作業を始めてようやくフルキャスト出来ます!


ここ数年、ベイトの飛距離は飛躍的に向上

バックラッシュは激減した技術の進歩は目覚ましいですね。
みなさんにも、是非味わってほしいです。

半日くらい使用していますと、PEラインから飛び散る海水で、
スプールに塩噛みがたまに発生しますが、そのまま使っていればいつの間にか問題も解消します(笑)


ただし、使い終わった後は必ず多量の水で流しましょう。
私は水が機関に入っても構わないと思っていますので、
数分間に渡り水を放水します。
しっかり乾燥させた後は、主要部品にマニュアルに沿ってグリース、オイルを塗布しましょう。

錆た事は、一度も無いし不具合も無いです。いつでも快適です!


ベイトタックル

ロッド :ディアルーナB106M
リール :アンタレスDCMDXG
ライン :PE 2号
リーダー:30lbs

アンタレスDCMD

このタックル、じつはもうありません。ヤフオクで先日、売ってしまいました。

アンタレスDCMDは最高のリールです。
飛距離も巻き心地も剛性もすべてにおいて他のリールを凌駕してます。

でも、どうしてもあのデザインが好きになれなくて・・・
迷ったのですが、コンクエストDCを購入したので売ってしまったのだ。
デザインが好きな方は、ずっと使ってください。最高です!

ディアルーナB106

一方のディアルーナB106Mは、 シンプルなデザインながら非常にカッコいい。

シマノの最先端技術がしっかりと詰まっています。
この手の竿はかなりレアで、大手メーカーにはありません。中堅メーカーには「ヒラスズキ」用として存在しますが、5万円以上します。
でも、今回はついに大手メーカーからやった出たといった感じです。

細身のブランクスで振った感じ9fクラスに感じます 。ホントに軽いロッドでバランスも非常によい出来です。先重りは皆無と言えます。

市場は好感、バカ売れですね。
私も入手するのに苦労しました(笑)

でも、私には少し柔らかすぎましたね。

30gくらいまではいいのですが、それ以上だとシンドイです。
力が入らず、飛距離もでませんでした。
表記には40gとありますが、とても怖くて投げる事が出来ません。サーフヒラメでは少し役不足ですね。

ここだけの話し、ヤマガブランクス 93Mの方が少しだけ飛んだんです。なのでこれまた、ヤフオク行きでした。

まあ、これはシーバスロッドとして割り切れば、かなり使えます。河口や干潟ではドンピシャです。
特に軽いルアーを投げる時は有効で、この長さから爆発的な飛距離です。


アンタレスDC MD

アンタレスDCMD

ヤマガブランクス

18ディアルーナ B106M

ディアルーナB106M

ベイトリールは左巻きがいい?

左ハンドルの勧め
ベイトリールは、左ハンドルがいいです。せっかくベイト使うなら持ち替えしなくてもいい
これに尽きます!

ベイトの強みは、手返しがいいことです。
ボタン一つで投げるボジションができるのです。
なのに持ち替えてたら、ベイトの良さを半分殺しています。

更に、ロングロッドの場合、グリップもそれなりに長くなります。恐らく、持ち替える度に、グリップが邪魔になります。

左巻きの場合、どれだけグリップが長くても全く邪魔にならないです。巻く時は脇に収まりますしね。

アワセとか、巻くことは慣れてしまえはどちらでも構わないが、
持ち替えしない方がスムーズです。

昔は、右巻きが当然の時代で、私も最初は右巻きでした。
理論上、左巻きがいいとわかったけど、綺麗に巻けなかった。
でも、ずっと使ってるとそのうち慣れますよ。
私の場合、慣れるのに1年掛かりました。でも、釣り人生は長いですよ。たった1年我慢すれば、この先、ずっと快適なんです。

なので、左巻きがいいです。


じゃあ、ベイトリール何がいい?

これは、なんでもいいと言うわけではありません。
・ラインキャパシティが十分ある
 具体的には、最低でもPE 2号が150m以上です。
 普通に100m以上飛びます。
 トラブルでラインを多少失っても問題無い為には、
 200mくらい欲しいですね。

・スプールが滑らかである
 最近のリールなら大丈夫です
 スプールサイドのベアリング交換も有効です。
 錆にも強いセラミックが最適です

・ハイギヤが望ましい
 巻くのが楽かな

・海水対応

これらの条件を満たすリールはそんなにありません。
こんな感じですね。ABUは分かりません(笑)

シマノ アンタレスDCMDXG
    コンクエスト201HG

    (飛距離が出ません・・・)
    コンクエスト301HG?

    コンクエストDC200・201
    エクスセンスDC(ラインキャパ ギリギリ?)
    グラップラー301HG
ダイワ ジリオンTWHLC
    Z2020SHL
    リョウガ1520HL

コンクエスト201HGは、少し改造するとメチャクチャよくなります。

関連記事⇒ベイトの遠投 飛距離は正義
     飛距離対決! 新旧カルカッタコンクエスト


ヒラメ ベイトロッドは?

なかなか選択肢が少なくてね・・・
それでもだいぶマシになりました。
ショアジギングロッドに近いモノも有りますが、
こんな感じです。

ダイワ       モアザンブランジーノ 93MHB
          ラテオ 97MB
シマノ       ディアルーナ B106M
ヤマガブランクス  103MH
          93M
天龍        スワットSW88H-BC
Gクラフト     ミッドナイトモンスターMMB-982
アピア       C106H
テイルウォーク   ビーキャス2
フィッシュマン   ブリストマリノ106MH 

ツララ       コローナ 105

かなりマニアックなロッドですね~
もう少し短いロッドなら、ビックベイト向けもありますよ~

また購入したら、インプレ致します。


過去のヒラメ タックル

リール
・ジリオン TWHLC
・コンクエスト201HG
・アンタレスDCMDG

ロッド
・ラテオ 97MB
・モアザン ブランジーノ93MHB
・アピア C106MH
・テイルウォーク ビーキャス2
・ヤマガブランクス 103MH

私のベイトタックルの拘りでした(笑)


ライフジャケット

これが現在のライフジャケットです。
マズメのレッドムーン、サーフスペシャルです。
非常使いやすいし、デザインも優れた逸品です。


ウエーダー

ダイワを使用しています。本当はマズメが欲しかったけど、水漏れが多発して断念。まあ消耗品で2年くらいで買い替えてます。


ルアー、ジグ

そんなに種類はありません。

プラグは、DUOビーチウォーカー アクシオンがメインで
他には、ダイソーの100円ジグなんかよく使います。
向かい風の時だけ、タングステン使用


ライン

ううん、これははっきり言って、拘りはありません。
PE 2号が使いやすいので安いものを頻繁に交換してます。
しいて言えば、4編が殆どですね。

少しコシがった方はベイトには向いていると感じました。
軽いバックラッシュなんか解きやすいですよね。


フィッシュグリップ

いかがだったでしょうか?


これで、あなたもベイトタックルが欲しくなるハズです(笑)

Exit mobile version