バイクに乗ろう 最高だよ!

その前に、免許取らないとね(笑)

ドカティ パニガーレ

バイクに乗ろう よ!思いはそれぞれ違うけど、共通して言えることは、

素晴らしい乗り物である。

移動の手段としては、好きな時に好きな所へ行けちゃいます。
渋滞知らずで実用的でもある。維持費も安い。コミュニティも広がる。これは、一言では語れません。

乗ってみればわかる」が正解です。

でも、いいことばかりでは無い。夏は暑く、冬は寒い、雨が降れば濡れるしキケンでもある。これらの事を差し引いたとしても魅力に溢れている。

私はバイクに乗ると幸せである。見てるだけでもいい。弄ればまた楽しい!もう30年以上乗っていて、いつの間にかベテランライダーなのだ。社会人で例えたら、大手企業の役員クラスかな(笑)

ここでは、自慢するつもりは 一ミリもありません。
最近の趣味は、多様性で若者はバイク離れし、ヘルメットを脱ぐと、おじさんやおばさんが殆どである。
なのでここは、バイクに乗るまでの準備について振り返ってみた。これから、バイクに乗りたいと思ってる方の参考になれば幸いです。

バイクに乗ろう

免許

バイクには、排気量により4種類の免許がある。
AT限定は割愛

・ 原付免許 普通免許のオマケですね。
・ 小型限定免許( ~250cc)
  原付に毛が生えた感じだが、二人乗りが出来るのと、
  50cc以上も運転出来て、制限速度や二段階右折からも
  解放される。

・自動二輪免許 ~400cc
  バイクを楽しむなら、最低ここですね。
  250ccなら車検も無い、高速だって入れます!

・大型自動二輪
  いつかは、大型免許です。
  いまは、教習所で簡単ですよ!

私の場合、車の免許を所有していたので、学科は免除となりました。毎日通って、2週間くらいで取れたような気がします。

大型は苦労しました。当時、教習所では取れなかった為、ライディングスクールにも通ったし、7回目の試験でやっと合格しました。試験日は平日のみでした。

バイクに乗ろう

装備(ヘルメット)

バイクに乗るには欠かせないのが、ヘルメットです。
法律だけでは無く、事故した時は身を守ってくれる大事なヤツ。

はっきり言って、好みや性格、用途様々です。でも、少なくても二つは大事な事がある。

 1.サイズが合っている事
  当たり前なんですけど、試着しましょうね。
  キツイと長時間被れませんが、緩いと事故った時に、
  キケンです。なので、丁度いい物です。
  サイズは、メーカーによってもバラバラですので、
  同じMでも色々と試してみましょう。高級なヘルメットは、
  内装を調整する事が出来ます。

 2.安全規格、認定マーク
  どれも同じに見えるのがヘルメット。
  でも、中には無認可のもあります。
  海外製品の安いヤツは、結構あります。
  PSC、SGなどの認定マークが張られているかを確認する。
  まあ、バイク用品店なら間違えは無いですが、
  ホームセンターやネットの時は、注意しましょう。

あとは、なんでもいいです。とは言え、そんなに頻繁に交換する物でもないので、そこは慎重に選びましょう。バイクに合わせて購入する事が多いと思います。

私は、教習所に通う時に購入し、バイクを買う時にも買いました。ヘルメットは合計で7個以上購入しました。
最初から欲しいバイクが決まっていれば、それに合わせて買うのがいいですね。

ネットで購入する場合は、サイズ交換できるか否か確認してからですね。種類や色もネットならではの商品が沢山あります。
値段も魅力で、地方の小さいバイク用品店には魅力的なメットが少ないのも事実です。

バイクに乗ろう

楽しいバイク選び

楽しい時期である。ジャンルも様々で、排気量も色々。
シングル、ツイン、v型、4発とここも色々・・・

ここでも好きなヤツを選べばいいです。はい。大きく分けると、こんな感じ
 ・ロードバイク
  レーサーレプリカ、ネイキッド、ツアラー、ストリート
 ・オフロード
  最近は、車もオフが人気で、街乗りでも全然いいです。
  ボジションは楽なので、ツーリングにも向いています。
  足つきが悪いのが難点ですね・・・
 ・アメリカン
  のんびりと走りたい人向けで、峠などのくねった道は、
  適さないが全然OKです。ちゃんとしたメーカーが作ってい
  ますので、曲がらない事は無いですよ!


バイクに乗ろう

どこで買う?(バイク屋 or ヤフオク

バイクに乗ろう


お金が許せば、新品を正規店で購入するのが一番いいですね。
でも、大半の方はそんなに余裕がありません。
彼女だったり、嫁の事も有り好きなバイクを買える人は、少ないです。

ヤフオクは個人の味方です。私なんて、6台くらい売買しています。十分注意して買いましょう!

なんといっても安いし、消費税が不要です
・たまに、高価なパーツが付いていたりいたりします。
 超ラッキー、これだから止められない!
・名義変更や登録は自分でやらなけれなならない
 メンドクサイけど、慣れれば簡単です!
・バイクの知識が必要です
 まあ、初心者がイキナリ、ヤフオクで購入する事は少ない
 でも、予算が20万しかないとか・・・
 自己責任で購入しましょう。

「直ぐ壊れたから弁償しろと」言う場合もあります。でも、機械なんですよね。新品や整備済とうたっていても壊れ事だってあるので十分そこは理解して下さいね。
中には、不具合を隠して売ることもあり得ます。
事故していたり、転倒なんか普通にあります。バイクですから。

試乗出来ないのは、ダメです。
また、チェックポイントも記述しますので是非参考にしてみてください。


保険

バイクに乗ろう

保険に入りましょう。自賠責は当たり前として、問題は任意保険ですよね。特に若い人は、保険料はカナリ高いです。
バイクを買ってお金も無いのに、追い打ちを掛けてくる。でも、万が一の事を考えると必要です。はい。

また、最近では車両保険もあります。盗難もカバーしていますので、SSなどの人気車種を購入したら入りたいです。

先日、CBR929を盗まれてしまった。防犯対策では必要です。チェックしてみてください。

・チューリッヒ
・SBI保険

Jast move it!

バイクに乗ろう

 

 

宜しくお願いします!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください