バイクの工具選び セットorバラ?

バイクの工具選び

メンテは自分でやるもんです!
じゃあ、 バイクの工具選び どうやって揃える?


整備は自分でやりましょう

バイクの工具選び について、綴っています。
ライダーはバイクの整備、できるだけ自分でやりましょう!
メンテナンスは、自分もバイクもトラブルから守ってくれます。
バイクライフがそこから始まります。

誰だって、多分、最初は思っていたはずです。
私もバイクに跨って、誓いました。「整備は自分でや」

でも、月日は流れ・・・

最近、バイクに乗ってないな~
忙しくて・・・
玄関の先にある愛車を見るたびに、言い訳を探していた。


バイクの工具選び 必要な工具

バイクの工具選び 必要な工具
KTCのセット

ここは、初心者向にけてウンチク垂れています。上級者の方は、飛ばして下さい(笑)

工具といってもピンキリです、100均から海外高級輸入工具まで色々あります。さらに、ツーリング用から自宅整備、ガレージライフなど用途も様々です。

私の工具履歴を紹介します。はっきり言って、私は工具が大好きです。
とくに、ハンドツールが好きで、メッキされたものを好む傾向にあり、鏡面は鏡のように美しい・・・

しかも、傷にも滅法強い精度も抜群でデザイン的にも優れている。あのメッキ一つにしても作り手の魂がこもっている。
(価格が高いのはなんとかして欲しい)

鏡面オタクでもありす。CR250のアルミフレームは、バフで磨きこみました(笑)スイングアームも当然のように磨いた。

決して、スタンダードの梨地が嫌いでダメと言うわけではない。
滑りにくいと言うメリットもあるし、好みの問題である。
でも、工具が最初から好きだった訳ではない。
最初は、バイクを買うとオマケでついてくるヤツを普通に使っていた。

そう、あの地味なヤツです。それでも、意外に使えるし出先では重宝した。必要最低限が揃っている。

今では、100均の方がマシかな?とも思えるが・・・


最初は、オーストラリアをバイクで一周した時に、現地でバラで揃えた

メンテ中心で最低限を揃えた。
ソケットやメガネなら、必要なサイズのみであった。30年も前なので粗悪品は多かった。

タイヤレバーなんて、殆ど棒を尖らせたもので、短いし、持ちにくいし非常に使い悪かった。チューブを傷つける構造だ(笑)
でも、それしかなかったので、それが普通と思っていた。


本格的にレース参戦で揃えた

日本に帰国すると、オフロードに目覚めEDレース参加するようになる。
マシンの改造や消耗部品交換が目的であった。この時は、奮発してKTCのセットを購入したのである。当時、バカ高くて10万円近くした覚えがある。携行出来る引き出しのタイプであった。

サスペンション、キャブ、エンジン、クラッチなどは全部自分でやった。サービスマニュアルは、ボロボロになるまで繰り返し使った。
特殊工具も少しづつ増えていった。
この頃、ピットでたまにスナップオンを見かけたが、手が出なかった。殆どレースに費やしたからだ(笑)

EDレースからモトクロスへと移行していった。
相変わらず、お金がなかった。


趣味で揃え始める

レース熱もだいぶ冷めてきて、結婚もした。
そして、バイク仲間は次々とバイクを下り、残ったのは私一人だけ。
レース活動も中断し、お金にもだいぶ余裕が出始めた。

この頃、お値段以上のアストロとかディーンとか安くて質の良い工具が出始めどんどんと増えていった。
練習やレースから遠ざかったが、バイク弄りだけは続いていた。
基本は KTCを使っていた。

この頃は、バイクが四台に増えガレージを借りていた。週末は、ガレージでバイクに囲まれて過ごした。
まさに、宝の箱であった。
バイクの腕前はストップしていたが、整備の腕は前は、各段に向上していった。

それでも、電気がないので電動ツールは使えなかったし、暗くなるとライトが頼りで不自由であった。


ガレージで揃える

念願であった、ビルトインガレージを建てる。完全のオーダーメイドだ。理解のある妻に感謝した。
当時、東証1部の商社で営業マンをしていた。給料はよかった。

ガレージといったら、大型のキャビネットやチェストは必須!
かなり無理して、チェストとキャビネットを購入。もちろん、スナップオン製だ。
工具箱が手に入ると、やっぱり工具も揃えたくなりスナップオンやネプロスを手あたり次第買った。

箱だけでも50万くらいした。もちろん、妻には値段の事はいえなかった。ネットで購入したら重くて中々運んでもらえなかった(笑)

そこからは、泥沼でした。
念願であった、エアコンプレッサーも設置できたし、便利な電動ツールもいっぱいあった。
それでも、スナップオンやネプロスを使う事はまず無い(笑)
盆栽ツールとかしていた。
普段の整備には、KTCのスタンダードツールで全く問題なかった。

しかし・・・

これらのすべては、諸般の事情ですべて手放した。
ほんとうにツライ決断であった。

今は、最初に購入したKTCが残るのみだ。


バイクの工具選び
工具の収集癖/工具の極み

バイクの工具選び

もしかて、一本くらいワカラナイと思っていませんか?
甘いですよ。多分バレます。キチンと整理整頓した工具は、すべて定位置があるのです。そこに一つでも工具がないと、妙な違和感があります。なので絶対にばれます。

以前、工場勤務の時に無造作に置かれた工具がありましが、
そちらは、どんどんと減っていましたが、だれも気付きませんでした(笑)


揃えるのはセットがいいです

まあ、一度にフルセットは難しいので、ソケットレンチ、メガネセット、スパナセットいった感じで、無理なく揃えるのがいいです。必要に応じてバラ品を買いたすのがよい。その方が統一感があるし、紛失対策にもなる。

バラで買うと、安く揃うけど整理整頓が上手に出来ない。探すのに手間取りストレスにもなりかねないです。はい。

宜しくお願いします!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください