ブレーキの最適化 14コンクエスト

これをやれば、あと5mは伸びます!

ブレーキの最適化 について
カルカッタコンクエストの愛用者です。最近では、ブレーキがDC化され出番が減ってきましたが、まだまだ現役です。
こいつにもまだまだいい所が沢山あります。
デザイン的に、14コンクエストの方が好みです。

さて今回は、ブレーキの最適化についてご紹介致します。

14コンクエストのブレーキ設定は、ちょっと「きつ過ぎ」ますよね。そうなんです。純正のブレーキシューの設定が大きるんです。まあ、あの安定感もアリなんですが・・・

PEラインで鉄板バイブやメタルジグなんかで遠投すると、キャストの後半にかなりブレーキが効いてしまい距離が伸びません。ブレーキシューを1個に減らして、外部ダイヤルを最弱にしてもまだ「効きすぎ」ています。
飛距離は正義です!

そこで上級者のおすすめなのが、ブレーキシューのカットです。

最適化

爪切りで「パチン」と切れば簡単で3分で出来ます。
こんな感じです。

だいたい、30%くらい 斜めにカットしています。
左側は必ず残して下さい。ロックができなくなりますよ。

確かスコーピオンのブレーキシューを移植してもいいのですが、めんどくさいので・・・
釣具屋にった時、注文を忘れてしまいます・・・

ここでカットするのは、当然 1個だけですよ。
4個あるうちの普段使わないシューを1個でしておけば、大遠投する時にかなり有効です。

私の場合

ロッド:9.3fMH
リール:コンクエスト 201HG
ライン:PE2号
ルアー:30gメタルジグ


これでだいたい 100m飛びますね。

いや~、飛距離は男のロマンです(笑)
飛距離は正義です!


この改造、いや最適化はあくまでも「自己責任」でお願いしますね。シマノさんはもちろん推奨なんてしてませんし、キャストがシビアになります。バックラもし易くなりますので注意して下さいね。

関連記事⇒カルカッタ コンクエストDC インプレ
    ⇒サーフ で ベイトリールを使う六つの理由
    ⇒コンクエスト 新旧対決

宜しくお願いします!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください