PEライン のロングリーダー ベイトリールの場合は?

ベイトリールには、ロングリーダーがいい!

キッカケ

PEライン を使用する場合、リーダーが必要なのは言うまでも無いとして、ベイトリールの場合には、ロングリーダーがよく合うのだ。

ラインブレイクが2回も続いたので考えるキッカケとなった。

・ラインブレイク
・高切れ

以前、大物がヒットした時に、不意に走られロッドの先が魚の方に向いてしまい、リールからラインは一色線と最悪な状態で、ドラグは締まっていないにも関わらず、ラインブレイクしてしまった。まあ、ロッドが機能していないので当然ではあるが・・・

また、キャスティングする際、ちょっとしたミスで簡単に高切れした・・・

これらが、重なってロングリーダーについて考えることとなった。

メリット

・キャストフィールがよくなる
・高切れ防止
・スレに強い
・アワセ切れ防止
・バラシが減る
・至近距離でのラインブレイクを防ぐ
・頻繁にリーダー交換しなくてよい

キャストフィールがよくなる
高切れ防止

これは、感覚の問題であるが、投げる瞬間にPEだとスプールにダイレクトに伝わって一瞬で高回転になってしまうが、ナイロンだと衝撃を吸収して、立ち上がりもマイルドになる。よって、バックラの抑制にもなる。

スレにも強い

PEライン では、硬いモノに触れるだけで簡単に切れてしまう。おかっぱりでは、テトラ、防波堤のエッジ、貝などラインブレイクの要因は至る所にある。
その点、ナイロンは驚くほど強かったりする。せめて魚付近はナイロンがいい。掛けた魚は絶対に取りたいです。

アワセ切れ防止

ヒットした時、反射的にも合わせてしまうが、急激にアワセた時に

頻繁にリーダー交換しなくてよい

短いリーダーだと、ラインブレイクやリーダーに傷が入った時に、直ぐに交換しまければならないが、長いと複数回使用する事ができる。
現場でラインシステムを組むのは面倒な時がある。

PEライン

デメリット

・レベルワインドやガイドへの絡み
・結束が気になる

レベルワインドやガイドへの絡み
結束が気になる

FGノットが大前提であるが、ガイドへの絡みは殆ど無い。でも、レベルワインドには少し引っかかる感は、たまにある。引っかかってラインブレイクする程ではないが、気にはなる。

良い事は分かる

以上の点を踏まえると、ロングリーダー は良い事は理解できる。問題はその長さである。
当然、長すぎるとPEの長所が無くなる
強さ、伸びの無さ、操作性、軽量による飛距離・・・

・結束が気になる場合
 ⇒レベルワインド手前
・結束がきにならない
 ⇒3ひろ 5mくらい

結論

個人差です(笑)
色々な長さを試した結果、フルキャストの時に、レベルワインド絡みが気になった。特にヒラメ釣りの時の大遠投では、毎回「シュ」と言った感じで向いていない。
でもシーバス釣りの場合、そこまでの重いルアーも使わずフルキャストもしないので、全く気にならなかった。
なので、これらの使い分けをして使い込んでみたい。
僅かな僅差でも長い年月で積み上げれば、大きな結果となる。

宜しくお願いします!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください