Gran Blue Link

ヤフオク でバイクを購入する時の注意点

ヤフオク で中古バイクを
購入するなら徹底チェク!

ヤフオク で中古のバイクを購入する時、これだけやれば大丈夫!購入する際の、注意点を詳しく解説。
ヤフオクで気になるバイクを見つけたら 要チェック!

最近は、ヤフオクで購入される方も多いと思います。そうです。それには、理由があります!

安いからです。

私はもう、5台買ってます。そして、6台売っています。
トラブルは今のところ有りません。

これもヤフオク

たまに高価なパーツだったり、社外マフラーなんて付いていたりします。ラッキーですよね。 店頭の中古車は改造を嫌う為、
ノーマルにわざわざ戻しています。 なので、ノーマルが殆どですよね。 でも、ヤフオクだとかなりの割合でカスタムしてます。 なのでお得ですし、消費税も10%もヤフオクなら掛かりません。
良い事ばかりではありません。当然、アフターサービスがありません

これは、自分でやるのが前提です。

どうしても困った場合は、近くのバイク屋で見てもらいましょう。快く見てくれます。商売ですから。

でも、中にはよそで購入したバイクを嫌うお店がありますが、
そこは、同じライダーです。仲良くなりましょうね。

そう言うのが苦手な方は、 大手ショップにいけば間違えありません。 事務的にやってくれます(笑)
ヤフオクで売買の場合、現物を見て試乗は必ずしましょう。

注意点をまとめてみました。 挙げだしたら、きりがないです。
完璧を求めたら、中古車は買えません。

最良の妥協点を探るのです。

交換や修理に高額な費用が掛かってしまうのは、
バイクだけに本末転倒です  ←寒い(笑)

ここでは、違和感を感じて下さい。五感が頼りで集中して下さい。ちょとした違和感を感じたら要注意ですぞ!

一方、売り手も素人なのでリスクはあります。慎重に対応して、安くバイクを手に入れよう。

はじめに

ヤフオクは個人だけでなくお店も出品しています。情報欄には、「個人」と「ストア」の2種類があり、個人の場合は税金はかかりませんが、ストアで出品している場合は落札手数料とは別に「消費税」が掛かります。
また、バイク屋で中古バイクを購入するのと同じように、「諸経費」がかかる場合もあります。確認してくださいね。

過去の出品履歴でだいたいの人柄が分かりますので、参考にするとよいでしょう。出品者の信頼できる評価基準は、「95%以上は良い」評価を得ている事が望ましいです。
悪い評価があった場合は、取引先からのコメントなどのも確認しましょう。もし、欲しいバイクでも評価が悪ければ、控えた方がよいですね。トラブルと最悪です。

出品者の情報や商品の説明をキチンと読まない人が多い。ヤフオクでのトラブルでは、「商品説明を読んでいない事が非常に多い」です。恐らく、このブログを読まれている方は心配ないですが、ヤフオクでショップと同じ対応を求める輩が非常に多いです。中には、落札後にあれこれと質問してきて、「やっぱり止めます」と簡単にキャンセルする落札者がいる。
特に若い人は、平気でキャンセルしてきます。
落札=売買契約の成立としっかりと認識して下さい。

もし商品説明を見ても分からない事があれば、遠慮なく必ず事前に質問しましょう。

出品者が遠方だった場合は、輸送手配も面倒ですので、なるべく避けましょう。

不具合を隠している悪質な車両も散見れています。
出品者自身もバイクの問題を把握しているとは限りません。


必要書類

廃車届/譲渡証明書/車検証/自賠責
これらが無いと登録できません。車検書なら再発行できますが・・・
盗難車の疑いもありますので、止めましょう!


走行距距離

これは、あまり参考になりません。 簡単に改ざんができてしまうからです。 大事なのは状態とメーターが一致している事。
走行距離が極端に少ないのは、 疑ってかかりましょう。


フレーム

フレームNOの打刻を確認します。
打刻に歪みがあれば交換したフレームか、もしくは盗難車で改ざんの恐れがあります。

新品のフレームには打刻が無いので、後から打刻したと考えられます。盗難車はこれを削って打ち直しされています。
転倒すれば、傷が付き、交換の場合もあります。
でも、新品のフレームに交換されていれば一概に悪いとは言えません。オーナーに確認しましょう。多少の傷は問題無いです。

気にするのは、フレームの歪みだけです。
特にオフ車なんて転倒するのが当たり前。後方からみると、サブフレームが結構歪んでいます。走りに支障は無いですが、気分悪いです。


サス/ハンドル

ハンドルストッパーはあるか
 ここが一番重要です!事故をすると、フロント周りがぐし
 ゃぐしゃになりますよね。ここのステムについているハンドル
 ストッパーが破損します。歪みや曲がりがあれば大きな事故を
 しているかもしれません。
・ハンドルが左右均等に切れる。
・フロントブレーキを握りフロントフォークを沈めて、違和感無
 く沈む。
・オイル滲みやインナーの傷や サスが稼働する領域に傷や錆が
 あると最悪です。オイルシールが傷つきオイル漏れ起こります
・漏れたオイルが原因でブレーキが利かなく大変キケンです。
・ハンドルが取られないか、まっすぐ安定している。


エンジン

エンジンは丈夫です。オイル管理だけしていれば、まず壊れません。異音やふけ上がり、煙は出ていないか?

走行距離が多いとタペットから、パタパタと音がします。酷いとピストンとパルプが干渉して、ピストンに穴が開きます。調整自体は簡単な作業です。きちんと作業されているか確認です。

白煙はピストンリングが逝ってます。こういうのは避けましょう。OHでかなり高く付きます。


キャブ

加速の途中に、息づぎや重い感じがする。
アイドリングは安定するか、エンジンの始動

長期間乗っていないバイクは、ガソリンが劣化しれて、キャブの中にある、ジェット類によく詰まります。
空吹かしすれば、だいたい分かります。
あと、大事なのはアイドリングが安定しているかですね。


外装

タンクは高額なのでしっかり確認
古い場合は、中の錆も見る。 少しくらいの錆は仕方ないです。
懐中電灯持参しよう。

カウルの傷は仕方が無いですね。


電装系

保安部品の作動を確認
バッテリーが息しているか?


消耗品

所詮、消耗品だと思っていると、 案外高いです。
この辺りは売主に交渉の余地あります。 さほど、重要ではありませんが全部交換すると馬鹿にならないです。
・タイヤ
・チェーン
・ブレーキパッド
・エンジンオイル
・ブレーキオイル


買う時の注意点はこんな感じですね。

これもヤフオク

それでも、機械ですので、運が悪いと壊れる事もあります
なので、覚悟と割り切りが必要です。

もし、購入して直ぐに故障したり、不具合を発見したら売主と相談です。
ここで、文句を言ってはダメです。ホントは、購入前に「瑕疵担保の確認」はした方がいいですね。トラブルになりませんし、自信があれば素直に応じてくれます。仮に対応して頂けなくても、その時は諦めましょう。
まあ、勉強代です。はい(笑)


ヤフオク は、レアなバイクの宝庫です

不人気や古いバイクなんて、ただみたいなヤツもあります。
そういったヤツを自分で直して乗るのも、楽しみの一つです。

参考になれば幸いです。

質問等があれば、お気軽にどうぞ!

Exit mobile version