釣車 スカイラインクロスオーバー  辛口インプレ

スカイラインクロスオーバー

スカイラインクロスオーバー です。今回は、指向をガラリと変えて、釣車のご紹介です。

■日産スカイラインクロスオーバー 主要諸元
・全長×全幅×全高:4635mm×1800mm×1575mm
・ホイールベース:2800mm
・車重:1740kg
・エンジン:V型6気筒DOHC、3696cc
・最高出力:330ps/7000rpm
・最大トルク:36.8kgm/5200rpm
・燃費:9.7km/L(10・15モード)
・価格:472万5000円(2009年式370GT タイプP)

外観

非常に洗練されたデザインである。美しい曲線がどこか女性的な雰囲気を醸し出している。
俗にいう「一目ぼれ」です。はい。

ベースはスカイラインクーペであるが、面影は少ない。
SUVとして販売されたが殆ど売れていないので被る事はまず無い。

エンブレムを替えている為、車に詳しくない方は「外車」に見えるらしい・・・

こいつは、日本のマーケットを意識して作られた訳では無く、海外ではインフィニティブランドとして展開されている。

スカイラインクロスオーバー

走り

エンジンは流石に3700ccもあるので、パワフルである。しかしながら1800kgと重たいので出足は鈍い。

ハンドルを握るとSUVと言う事を忘れさせてくれます。ロールを抑えコーナリングは終始安定している。SUVにある腰高感は全く無い。

ロングノーズの為、回頭性は良くないが、直進は極めて安定している。高速ではまず負けない。

インテリア

スカイラインクロスオーバー

本革シートに木目調コンパネが贅沢に奢られている。
硬めのシートはホールド感も良好である。

居住性

二人乗りと割り切る必要があり後部座席はかなり窮屈でる。
トランクは標準的である。

燃費

こいつの最大の弱点である。
高速で、10km
街乗りは6km程度であり、夏場にエアコンを使うと5kmにも満たない・・・
燃料タンクは、80Lも入り、ハイオク仕様の為に1万円でもマンタンになりません
マジか・・・
環境にも財布にも厳しい

好きな所

・なんと言ってもルックです。
 斜め後方からの眺めが特にお気に入りです。

・パワフルなエンジン
・日本の生活環境に適したサイズで持て余すことも無い

嫌いな所

・燃費
・狭い居住性

スカイラインクロスオーバー

まとめ

以前は、琵琶湖まで片道600kmを苦もなく走りました。小さなキズや凹みも散見されますが、まだまだ元気です。 細かな所まで丁寧に作り込まれています。
現在、6万キロと少ないですが、この先も乗っていたい。

浮気は絶対にしません♡

宜しくお願いします!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください