魚種別専用設計スプール とは?   

魚種別専用設計スプール

魚種別専用設計スプール について、メーカー見習いですがスプールの事が少しづつ分かってきた。

「純正品を軽くした」ではダメなんです。
それではいつまで経っても、部品として扱われます。
いくら「軽量・高精密」でもカスタムパーツにしかならない。

リールメーカーに依存した精密パーツ止まり。
これは「リールありき」的な考えで「スプール文化」は根づきません。技術や情熱だけでは勝負する土俵にすら立てない

魚種別専用設計スプール

魚種別、用途別専用設計

魚→スプール→リールの目線
・バス
・シーバス
・ヒラメ
・青物
・ロック
・アカメ
 ※遠投に特化
 ※ビッグベイト専用

必要なのは、思想設計、デザイン、味付けと言った所。

汎用性は落ちるけど、

性能は尖ってます

これらの条件を考えて、どうしたら良いスプールが出来るかを考えて、一番最後にどのリールのスプールを製作するかを考えるようになりました。

発想の転換です

バスを釣るのに、青モノの強度は不要です。
(純正スプールの汎用性は高いですが・・・)

それぞれに応じた、
・強度
・糸巻量
・デザイン
・ブレーキの最適化

アンタレスの深溝を開発中に、糸巻量を確保しながら軽量化は難しいと感じて、それならもう一つ機種を上げて浅溝にした方がよっぽどいい。

例えば、
グラップラー300のスプールはジギング用で深溝です。
強度も必要の為に、30g超え
さらに、パンパンに糸を巻いてしまえば、スプール総重量は驚異の 45!
これでは、飛ばないです・・・
ジギング用ですから・・・

仮に、浅溝軽量スプールを作ったら
・スプール重量 20g以下
・ラインキャパ PE4号-150m

スプール総重量も30前半で、10g以上軽くなります。
恐らく、激的に変わるでしょうね・・・
中量級ルアーも視野に入ってきて、汎用性も高くなります。
これも、ヤバいリールになりそうです。

とは言え、売れなければもっとヤバい(笑)

そんなこんなで、次期開発したい候補

・20メタ/19アンタレスHG
 バス競技用 レーシングスペック
・カルコンDC100
 小型魚用 バーサタイルフィネス
・グラップラー300
 大型魚用ショアジギ、ビッグベイト、

現在、製作中のアンタレスDCMD、カルコンDC200が加われば、かなりの分野を尖った性能でカバー出来ちゃいます

とは言え開発するのに、時間とお金も掛かるのでいつ完成するのかは・・・

魚種別専用設計スプール
アンタレスDCMD浅溝 プロトタイプ


告知

今回、カルコンDC200及びアンタレスDCMDを予約頂いた皆様
有難うございました。月末完成予定です。

次回生産の詳細は未定ですが、アンタレス、カルコンの生産予約は引き続き承ります。
よろしくお願いいたします。

予約受付中!

魚種別専用設計スプール ラインナップ 
・アンタレスDCMD 
・カルコンDC200 
・20メタ/19アンタレスHG ⇒開発中
・カルコンDC100 ⇒開発候補
・グラップラー300 ⇒開発候補
 ※長く待てる方限定

予約専用⇒https://webs.coffee/contact/

宜しくお願いします!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください