スプール製作の壁 シマノDCブレーキシステム

ノーブレーキ時間を1000分の1秒単位で制御。マックス回転数を維持して飛距離アップを実現。

DC=デジタルコントロールブレーキは、必要な時のみ電子制御でブレーキを掛けるシマノ独自のシステム。マグネットや遠心力では成し得ないブレーキングで、卓越した遠投を可能にします。7代目のDCとなる「NEW 4×8DCブレーキ」はマイコンの制御機能が大幅に向上。遠投性能で最も大事なキャスト直後のノーブレーキ時間を1000分の1秒単位で自動制御することにより、マックス回転数が約12%向上し、それを維持することで、さらなる遠投を可能にします。

シマノ引用

DCブレーキ
DCブレーキ

スプール製作の壁

スプール製作において最大の壁
それが、この8極径方向ラジアル構造マグネット

難易度はMAX

スプールメーカーの参入を阻んでいて、私も色々と試したがDCブレーキは正常に作動しませんでした。
残念ながら今でも再現は出来ていません。
セグメント方式(独立した磁石を配置する)もあるのですが、
上手くいかない・・・

DCブレーキのマグネット 構造

シマノのDCブレーキの中に採用されているマグネットです。

材質は、ネオジムかサルコバは不明

・表4極、裏4極の8極構造
・磁力も径方向
・ラジアル構造
・一体成型

このマグネットの製作は難しい・・・
出来たとしても型代と治具で100万以上・・・
試作品として製作しても、1個 3万円・・・

日本の大手メーカーでも殆どが中国工場である。
材質はレアアース
その為、試作品を作るでけでも1か月以上掛かる。

かりに完成したとしても、さらに磁力の最適化も必要です

・・・

マジか⤵

もし、この記事を見ている関係者の方がいらしたら
ご協力をお願い致します(笑)

ハッキリ言って、個人活動の限界を超えています・・・

今後の展開

なので純正品のマグネットを流用する事になります。

開発はつづく・・・

多くの犠牲者たち・・・

【予約確認メール 発信】
届いていない!って方、
お手数ですが、連絡ください。

漏れています(;’∀’)

関連記事

コンクエストDC アンタレスDCMD   高精密・超軽量スプール 

素人がスプールを自作!DIY! アンタレスDCMD 遠投専用

宜しくお願いします!

6 件のコメント

  • 少しでも早い販売を期待しています。

    後、飽く迄個人的希望ですが、唯一ビッグベイト用(PE3~4号)として使える、『グラップラー301HG』のスプールが欲しいです。(200番以下は大型プラグには矢張り適さないし、カルカッタコンクエスト301は大型のナロー・スプールで制御が困難で不向きと考えています。)
    グラップラーの泣き所がスプール、高性能スプールで欠点が改善されれば素晴らしいリールになると思います。

    ビッグベイトブームで、300番リールは此れから増々需要が高まると思います。

    (SVSは使ってません、自作マグネットブレーキですのでスプールのみで結構です。ご検討宜しくお願いします。)

    • 有難う御座います(´∀`=)

      やはり、そうなりますよね〜

      自作マグネットとは凄いですね。友人のカルコン300もセッティングに苦労してました(>_<)

      カルコンやアンタレスではラインキャパは不足ですので、
      300番のスプールは、私としても作りたいと思ってます。

      ビッグベイトやショアジキを考えると尚更です。

      たた、私は所有もしていないし、理解も不足していますので研究しなければなりませんね。開発の際には、是非、力を貸して下さいね。
      カルコンDC と、アンタレスDCMDが売れてくれれば、開発も早くなると思います!

      よろしくお願いします
      (´∀`=)

  • 先ずは賛同頂け有難う御座います、此方の方こそ宜しくお願いします。
    開発の時は、テストでも助言でも何でも協力しますよ。

    マグネットブレーキの自作何て、スプールを作るのに比べたら凄く簡単です。(まあ工夫次第ですが…)

    逆張メロンさんのスプールが有れば、マグネットブレーキと合わせ最高の300番『グラップラー301HG』が誕生します。
    私はビッグプラグやビッグベイトに使う予定ですが、遠投にも向いてますし、用途は個人次第で様々…夢が広がりますね~。
    村田基氏も言及してますが、大型ベイトリールの需要は更に高まって来ています。

    行けますよ!燃えて来ました~。

    • 恐らく現在の仕様なら、口径と幅を調整するだけなので、割と簡単に出来ると思います。ブレーキも移植するだけですからね。

      更に詰めるなら、ブレーキは、DC を移植出来たらいいな〜と、カルコン300で思った事があります。

      まあ、そこまでは大変ですが3Dプリンターで基盤が作れそう気もします。

      グラップラーとカルコンは互換性があるんですか?

  • 残念乍ら互換性は無いと思います。
    ですが割と簡単に作れる?とは頼もしい、安心しました。
    (私のグラップラー301HGにはSVS移植は必要ないので、即テストが可能です)
    試作品で有ってもノーマルより遥かに良いでしょうから、是非テストさせて下さい。

    DCが搭載されれば、もう言う事無しですね。

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください