DC初のベイトフィネス カルコンDC bfs

今年の候補、第二弾!

カルカッタコンクエストDC bfs

DC bfsの可能性 
以前は、DCブレーキのスプールは重たいマグネットが中央に鎮座している為、ベイトフィネスには不向きだと思っていた。 

しかし、昨年製作した、21アンタレスDC用のAスペがとても優秀だったのだ。じゃあ、フィネススペックにしたらDCフィネスも案外といけるのでは? 
更にステンレスシャフトもジュラルミンやチタンにすれば約3gもの軽量化が可能。 

つまり、マグネットはない事になる。 

取り敢えず作ってみようと考え、DCが良い仕事をしてくれる事に期待。 


ベイトフィネス 
φ33mm×22mm 17.63gとかなり重い

基本スペック

適合ウエイト:3g〜15g 
対象:小型シーバス、チヌ、トラウト、バスなど 
ライン:8lb-50m/PE 1号-100
重量:7g~8g(マグネット込み) 

スプール軸の太さに着目! 

普段、ピーキーに感じる事もある下町スプールですが、ラインを少しだけ減らすと格段にマイルドになる。また純正スプールでも、ラインが半分以下になると、全く伸びないけどバックラシュはほぼしない。 

今までは伸びを優先し、一回転あたりの放出量を稼ぐ為、太軸を採用。 
しかし、今回は飛距離より安全且つ快適に投げれる事。


つまり、太軸シャローはやらない。 


一般的なベイトフィネスのスプールは太軸シャローですが細軸に必要な分だけ巻いた方がより使い易いだろうし、低慣性化にも貢献。瞬間的な立ち上がりも期待出来る。

ただ、あまりにも細くすると巻癖などの心配もある。マグネットも鎮座の為、そこまで極端な事も出来ない。丁度良い所を探ってみたいですね。



タトゥーラ300 https://webs.coffee/spool-t/と同時に進行中
つづく・・・



プロトタイプ着弾

試投

取り敢えず、今までのデータを元に手持ちのマグネットを合わせてみたがブレーキがゆるゆる。メカニカルを1/2程度補正してやっと投げる事が出来た。純正マグネットだと、今度は強すぎる。 
丁度、中間あたりか・・・

宜しくお願いします!

1 個のコメント

  • 20カルコンDC100を本流トラウトで使用しています。
    まさに欲しい性能のスプールです!
    開発頑張って下さい!出たら絶対買います!!

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    遠投バカのソルトアングラーです。 下町スプールの製作を生業とした日本でも稀なスプール屋です。 グランブルーリンク代表