タトゥーラ300用の下町スプールはヒラスズキspecal

次期開発候補 タトゥーラ300

Webにて開発の様子をupしていきます。その為、タトゥーラ300を購入しました。
あくまでも候補ですが、イメージはこんな感じです。
他にもいくつかの候補があり、今年も2~3種類はリリースしたいと考えています。
楽しんで頂ければ幸いです。 

春頃には試作を完成させてテストをしたいです。

過去の開発状況

・18アンタレスDCMD/19コンクエストDC200
・19アンタレス
・21アンタレスDC


基本スペック

ラインキャパ:3号-150/4号-110m
適応ウェイト:15g〜50g
総重量:30〜35g(ノーマル▲10~15g)
対象:ヒラスズキ、中型青物などのショアジギ


最大巻取長

タトゥーラ300 こいつの魅力は大型スプールとハイギアによる最大巻長であろう。
軸が1cm痩せると、巻取長は50cmも減少します。
大型シャローなら最小限で済む。

ラインを出し切った時の巻取長
・18アンタレスDCMD 48cm(軸φ20mm)
・タトゥーラ300   82cm(軸φ33mm)
(ハンドル1回転での巻取量)

アンタレスDCMDと似たラインキャパですが、その差は歴然・・・

タトゥーラ300 

コンセプト

・ストレスフリーと飛距離の両立
・中型ルアーの投げ易さ
・強さと軽さのベストバランス

軽く投げても飛ぶから一日中投げても疲れない。フルキャストしても軸痩せしないからリーリングジャークも苦にならない。大型ルアーだけでは攻略出来ない時にもしっかり適応する。 

ソルトゲームにはしっくりくるはずだ。もちろん、耐久性を考慮してギリギリの軽量化はしない 


タトゥーラ300 

マグフォースブレーキシステム 

どんな環境でもしっかりと制御できて、大型プラグなどは回転を抑制し、飛行姿勢を安定させ十分な飛距離を確保。一方の空気抵抗の少ないジグは後半伸びない。 

ノーマルスプールは深溝の為、構造上可変ローターを取り抜ける事が出来ない。しかし、シャロースプールにすると中空構造となり、インダクトロターの取り付けが可能となる。 
また、フルキャストしても軸痩の心配も無い 

固定ローターからSV化、もしくは最新システムのSV BOOSTなんかも試してみる価値はありそうだ。想定の総重量が35g程度、そうするとスティーズやジリオンなどローターだとブレーキ力では足りないかもしれない。調整の範囲であればいいのだが・・・ 

いずれにしても、市販のパーツが流用できるのは嬉しい限りである。 
SVブレーキの特徴としてONとOFFのスイッチの様な作用。 
立ち上がりは瞬間に効いてくれるが、回転が弱くなるとバネに押されて一気にゼロ化に近くなる。ジリオンHLCのようなピーキーは避けなければならない。 

エアブレーキ(SV)もマグフォースZも結局は遠心力を横方向に変換して、バネで制御している。理想は瞬間的に効き、ゆっくり開放されるマイルドな特性ですが、再現は難しいでしょうね。ダイワさんの苦労が見えてきました(笑)

タトゥーラ300 

ノーマル試投

ロッド:ヤマガブランクス 105MMH
ライン:PE3号
無風

18g樹脂シンカー 55m
ナス8号シンカー 97m

伸びを優先すると、初期バックラシュしてしてしまう。
フルキャストに合わせると結構強めになり、後半は伸びない・・・


ブレーキシステムの最適化

現在のブレーキはマグフォース固定ローターでしっかりと効くけど、後半伸びない。

採用したいブレーキ
①マグフォース
 →ビッグベイト 

②マグフォースZ
 →遠投などのショアジキ 

③SVブースト
 →ヘビーバーサタイルのヒラスズキ 

これら全てのブレーキが取り付け可能にしたい思っていましたが、②マグフォースZは構造的に大変。遠心力によってスプール内径に沿って動くブロックが横方向の力に変換され、ローターが飛び出す仕組み。

シャローだと径が合いません・・・やる為には樹脂パーツも製作しないとダメなので、今回は見送

一方の③SVブーストは難なく取り付け可能です。しかし、このブレーキシステムは奥行きが必要で、軸の支柱が中心に配置できない・・・
①マグフォースはシャフトに固定と考えています。


プロトタイプが完成

思ったより、よく飛ぶ 
固定ローターだし、ラインも太い、ルアーもそんなに重くない、スプール総重量だってある。 

・・・ 

やっぱり大口径の恩恵か?
ライン供給量が圧倒的に多いのか? 

100m飛ばすのに 
・19アンタレス    φ34 936回転
・アンタレスDCMD  φ38 838回転
・タトゥーラ300   φ43 740回転 

もし、タトゥーラ300がDCブレーキか遠心でクリティカルが出れば、140mとか余裕なのかもしれない。来年の今頃、150mとか飛んでたりして笑笑

—つづく—

宜しくお願いします!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

遠投バカのソルトアングラーです。 下町スプールの製作を生業とした日本でも稀なスプール屋です。 グランブルーリンク代表