素人がカスタム軽量スプールを自作! 下町スプール誕生

アンタレスDCMD
カルカッタコンクエストDC200/200HG

素人がスプールを自作!

カスタム軽量スプール が欲しい~

軽いノリと勢い
ちょっと作ってみるか  

遠投に特化した、軽量のカスタムスプールがどうしても欲しかった。純正は18gとカナリ重くてこれは勿体ない。しかし社外品も残念ながら無い。

しかも純正品のラインキャパは、私には多すぎる。
不要なラインは、スプールが重くなるだけ。
立ち上がりのも大きく影響する。

「無いモノは作る」

のが、私の信条でもあります。
こうして始まった、DIYスプールの製作!

実際に始めると、極めて困難でした。当たり前ですね!
最初は、卓上鍵盤を購入して、削ろうと思ってましたが精度が出ないので断念。

外注する事になりました。

現物のスプールを持参して、これの軽いやつをお願いします

では、全く相手にされません。大手企業は、当然、個人の趣味ごときに対応はしてくれません。
中堅でも、見事な塩対応です。「図面を用意して下さい」とどこまで厳しいです。もちろんCADは必須です。

カスタム軽量スプール

採寸やデザインに取り掛かる。素人なので手書きです。

やっと見つかった業者に依頼し、出来上がったが、いくつか改良が必要で

「加工賃は追加で必要」と言われ

・・・

振り出しです。

ここまでで、30社以上 1年が経ってました。時間と費用の損失で心が折れかけましたが、このままではダメだと思い噴気!

材質や旋盤、加工方法などの理解はかなり深まり、
のちに、技術者の方と対等な会話の助けとなりました。

カスタム軽量スプール
チャクの芯だしは秘密!

大田区には精密加工業者が沢山あります。ここは、小ロットを取り扱う個人経営が多数あり期待は膨らむ。
世界品質の森精機の工作機械で、最新の設備です。

もともと旋盤加工はすべて削り出し、つまり一つ一つの生産の為、こういった生産には極めて有効なんですよね。

いいモノができない訳ありません!


カスタム軽量スプール の寸法精度は純正スプールを遥かに凌駕し、大量生産されたモノとはワケが違います!

そして、一緒になって考えてくれました。本当に感謝です。

私は最初から複雑な形状で、いいモノを作ろうとしてましたが、まずは、シンプルなデザインに戻し、工作しやすいアルミで試作

5月 大田区 某所

ようやく、私の思いをぶち込む事ができました。大田区の町工場の技術はやはり素晴らしいです。
MADE IN JAPAN品質です。

この日は、シャフトが間に合わなかったので、完成には至りませんでした。
また、部分的にはもう少し、曲線的に処理となる予定です。素材の選定とデザイン(ラインキャパ他)、マグネットはまだ悩んでます。塩による腐食や強度も考慮しなければなりません。
ブランキング(肉抜き)も予算と相談になりそうです。

でも、やっと先が見えてきました!楽しみで仕方ない!

カスタム軽量スプール

下町スプール 完成は近い

飛距離で大切な事


・軽量・精密のスプール
・優れたブレーキシステム
・少しの情熱です(笑)



下町スプール 誕生!

カスタム軽量スプール

高精密✖超軽量 
遠投特化型 軽量カスタムスプール 

カスタム軽量スプール

軽量スプール は大田区にある旋盤加工屋で生まれました。
世界トップ技術の森精機の最新工作機械によるものです。

シマノ純正の量産品とは、モノが違います。

スペック

寸法     38mm/22mm
重量     -g
同心度    0.03
真円度    0.01
ラインキャパ 深溝 PE2号-185m
材質     超超ジュラルミン(A7075)
シャフト   ステンレス
表面処理   アルマイト

私の拘りを全部ぶち込みました。

最近では純正スプールもだいぶ軽くなってきましたが、まだまだです。

DCブレーキ用は販売されていません。
なので、作ってみました。DIYスプールです(笑)形状や材質にも拘ってます。

高精密/超軽量により、抜群の立ち上がり、驚異的な飛距離
耐久性も構造の最適化により、しっかり確保しています。
海水による腐食もアルマイトで対処しています。

いや~、ここまで来るのにマジで苦労しました。
でも何とか完成しました。
特にマグネットが大変でした(笑)早くサーフでぶん投げたいです~

プロトタイプ 着弾!

近くの河川で 軽量スプール テスト

取り敢えず、40gメタルジクを投げシステムチェック
やはり、軽量化の恩恵は凄い
立ち上がりが明らかに違う。

寸法精度も高く振れは殆ど無い。DC音が無ければ、回転しているとはとても思えない静粛素晴らしい〜少しづつ距離を伸ばしていく


あっさり100 mを超えた。


ローギアなので回収が大変です(笑)しかし、この辺りで頭打ち。

そうです。カルコルDCユニットはブレーキがキツすぎる。
特に後半は、DCブレーキの断続的な介入があり、飛距離は思ったほど伸びません。

恐らくスプールが軽くなっている為、通常のブレーキでも強く効いてしまうと考えています。こいつのポテンシャルを引き出すには、ブレーキも最適化する必要がある。

アンタレスDC MDのような遠投モードが存在しないのが残念である。やはり、ブレーキの最適化であと10mは伸びるはずです。

中量級以下のルアーの場合は、かなり有効に感じた。立ちあがりは明に良い!

今後

テストを繰り返してマグネットの最適化を予定。
そして、友人から「アンタレスDCMD用」がどうしても欲しいとの依頼もあり、ついでに作る事にします。

シャフトが違うだけなので、実は簡単なんです。
近いうちに、加工屋さんへお願いする予定です。
興味のある方、連絡下さい。
まとめて発注しますよ~

関連記事

カスタム軽量スプールのインプレ その実力とは!

アンタレスDCMD用スプール プロトタイプ 着弾!

予約/注文

宜しくお願いします!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください