ルアーの飛距離 よく飛びます!

シマノダイワの飛距離戦争勃発!

ルアーの飛距離 

ルアーの飛距離

最近のルアーのパッケージ、やたら飛距離が目につく。
ここにきて、シマノとダイワが競ってます。
それに伴い、ルアーは大きく重くなってます。
まあ、ベイトタックル使いとしては嬉しい限りです。

ルアーの飛距離 

これなん、なんと97m!すげ〜!
もう、ジグの世界です。でも、釣れます!

ここで、疑問です。自分が投げたら、どれくらいとぶのか?
そして、知り合いのブロガーさんもやってて、面白そうなので私もやってみました。

このデータは、良い条件(室内)のもと、プロが叩き出した数値です。もちろんスピニングタックルです!
相手に不足はありません(笑)

挑戦するからには、負けられません。
日頃から、重量級ルアーはベイトの方がよく飛ぶと思ってますからね。
早速、近くの河川敷で挑戦です。

いざ勝負!

ルアーの飛距離 

使用したタックル

ロッド:ヤマガブランクス 103MH
リール:コンクエスト201HG(改)
ライン:DUEL PE2.5号8編+ナイロン30LBリーダー

計測方法

ルアーの飛距離 

測定はデジタルカウンターです。
でも、私の飛距離測定はあくまでもラインの放出量です。
一方のメーカーは、距離ですのでキッチリとした比較ではありません。参考程度と思ってください。

私の方が有利なので、遥かに数値を上回れなければ、即負けですね・・・
メーカーの数値を上回って、やっと互角の勝負ですかね

その1

ダイワ ショアラインシャイナー バーティス 97F

ルアーの飛距離 

とりあえず目標は、65.5m

うりゃー、飛んでけ!

ルアーの飛距離 

なんと、一発でクリアー
目標を大きく上回る72.2m!


その2

熱砂 スピンブリーズ130S X AR-C

ルアーの飛距離 
ルアーの飛距離 

取敢えず、こちらも一発で 74.5m!

ルアーの飛距離 

さらに、ブレーキを弱くして数投すると、75.5mと記録更新

しかし、先ほどのダイワのバーティス97Fと比較すると、もの足りない

バーティス97F   14.3g  72.2m
スピンブリーズ130S 30g 75.5m
かなりの重量upにも拘わらず、そんなに差が無い

さらに、数投するが飛距離は伸びない・・・

シマノのAR-Cは、力を抜いて投げると無重力の様に ぶっ飛びであるが、フルスイングすると飛行姿勢が安定しないのだ。
投げ出した瞬間は回転してしまい、途中から後方重心になる。
その為、 ルアーの飛距離 が伸ばせない・・・
投げ方の問題もあるので、今後の課題である。


その3

ショアラインシャイナーZバーティスSD140S

ルアーの飛距離 

目標は、86mとかなりきつそうな予感

うりゃー!

・・・
気を取りなおして

だめだ、平均にもいかない・・・
このあと、何回も投げるが記録更新はムズイ。

ここで、ヤマガブランクス103MHが音を上げる。
限界も近い・・・
スペック的にはOKであるが、31.5gのルアーをフルスイングするのは少しキツイ。

ここでは、完敗である。


その4

熱砂 ウィングビーム 80HS

ルアーの飛距離 

今回、最大のヤマ場である。
その飛距離 なんと103m!
平均でも、97.7と半端ない・・・

うりゃ

ルアーの飛距離 

さらに、数投

ルアーの飛距離 

104.1mをたたき出す!
ここでも、ロッドが限界に近い・・・
実釣レベルのスイングなら問題無いが、フルキャストだとやはりキツイ。

こうして、戦いは幕を閉じた

結果

       メーカー公表  私の飛距離

①バーティス97f      65.5m    72.2m
②スピンブリーズ130s    72.8m    75.5m
③バーティス140s     86.0m    80.2m
④ウイングビーム80hs   103.0m    104.1m

考察

まず、今回のテストで思ったのは、ヒラメ用とシーバス用のルアーであったにも拘わらず、シーバスロッドのみ1本で試したので流石に厳しい感は否めない。
でも、14.3g~31.5gと幅があったにしては悪くない気がします。仮にもう少し硬いパワーのある竿をつかったら、14.3gのバーティスの距離が落ちてしまうかもしれません。
今後、ヒラメ専用のロッドの登場に期待します。

ルアーに関しては、バーティスが優秀です。
14.3gとしては最高クラスだと思います。
コンパクトで風の影響も少なく、飛行姿勢は常に安定しています。一方のシマノは、軽く投げた時には後方重心で良く飛びますが、フルスイングだと直ぐに回転。他のAR-C搭載モデルも所有いていますが同じ傾向です。

リールに関して言えば、まだ全然余裕のような気がしますね。
バックラッシュする事も無く、極めて安定していました。
そして、ブレーキ設定は外部ダイヤルを少し調整したくらいである。
改めて、15コンクエスト201HG(改)のポテンシャルは素直に凄いと感じることができました。

ルアーの飛距離 に関しては重心移動システム搭載だけに、非常によく飛びますが、フルスイングするとどうしても飛行姿勢が崩れて、むしろ飛ばなくなってしまいます。
一方、固定ウエイトのウイングビームは、常に安定して凄い飛距離を出すことができました。
回転しない投げ方も今後の課題である。

関連記事⇒15コンクエスト200HG (201HG)遠投 100m仕様
     ベイトの遠投 飛距離は正義!

宜しくお願いします!

2 件のコメント

  • 良いですね!笑
    それにしてもバーティス90の飛距離が凄いです☆カルコン200の底力だなぁ(^^)
    飛距離測定はラインがめちゃくちゃ痛むんですが、私もやめられませんw
    今後も楽しみにしてます☆

    • お疲れ様です!
      メーカーの数値は非常に参考になりますね^_^
      3種類位のウェイトを投げると性能がハッキリしますね。

      それにしても、シンゴさんの、30gで120mは凄いですねー
      今のタックルでは無理です。技術的にもね。

      いい目標が出来ました。
      がんばります!

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください