エクスセンス ジェノス  B108M+ 飛距離インプレ 


エクスセンス ジェノス B108M+

エクスセンス ジェノス  B108M+

技術特性

■スパイラルXコア
■ハイパワーX
■Xガイド 3Dチタン
■NEWカーボンモノコックグリップ
■ナノピッチ
■ナノアロイ®テクノロジー
■高弾性・高強度素材「トレカ®M40X
■マルチパーミングタッチCI4+リールシート
■トルザイトリング(トップガイドはSiCリング)チタンフレームガイド
■アクティブフェルール
■センターカット2ピース
■フックキーパー
※ナノアロイ®、トレカ®は東レ(株)の登録商標です。

シマノ 引用

エクスセンス B108M+ インプレ

スペック

品番 B108M+           
全長(m)3.25
継数(本)2
仕舞寸法(cm)166.6
自重(g)150
先径(mm)2.0
適合ルアーウエイト(g)10~45
適合ラインPE(号)1.5~3
本体価格(円)64,000円
エクスセンス ジェノス  B108M+

待望のロングロッド!

ここ数年、ベイトリールの進化は目覚ましいですが、それに見合う竿が少なかったのだ。

そして、待望のロングベイトロッドが登場!
正直、ずっと待っていました。

※個人の感覚とお含み置き下さい

従来、この手の竿は中小メーカー専売品である。
ニッチな分野で売れないからだ。
そこにシマノが

最先端技術で上位機種ガチ参入

して来た事に意味があります。
中小ロッドメーカーさんとしては、((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル?
頑張って欲しいです!

昨年ディアルーナ106Mが販売され、結構売れていました。
しっかりとフィードバックされ、パワーupしての登場で本気が伝わってきますね。

触れてみたい」「投げてみたい」「ブログのネタ」と思い エクスセンス B108M+ 購入。ヒラスズキ用と謳われています・・・

まあ、いいか〜

外観

ブランクス

スパイラルXコア
ティップからバットまで全身包まれている

シマノのブランクスの象徴である。
捻じれ、潰れを抑制しているとか・・・
普通の多軸構造は線であるが、こちらは面といった所か
見た目にも貢献して、素直にカッコいいです。はい。

高弾性、高反発、シャープ、張り、かなり細身のブランクスで一見華奢で頼りなく見えてくる。

10.8fで150gと驚異的で、長くて軽いだけではなさそうだ。


ガイド

Xガイド(3Dチタン)

ガイド数11個 2個はWフット、細く軽量化されリングは小さめが採用されている。最近では、抜けの良い大型ガイドがトレンドですが軽量化を優先し、ロッド自体は非常に軽く仕上がっています。 

それでもロングロッド特有の先重り感は否めないが、ガイドやグリップなどの軽量化が徹底され、先重り感をどうにかしたいとの企業努力を感じます。

グリップ、リールシート

カーボンモノコック
自身初!

マルチパーミングタッチCI4

コスメも最小限となって割とシンプル。
グリップエンドはカーボンモノコックで握り個所は、滑り止め処理がされていて、良い手触。

グリップは軽量化の為にギリギリまで短くなり、握り方によっては小指がはみ出してしまう。また、普通のEVAより硬い素材を使っています。

その他のラインナップ

・B88ML/R

テクニカルな操作性を重視したアイテム。12~30gクラスのバイブレーションやブレードベイト、8~13cmクラスのミノーなどに適応。狙ったポイントを正確に射抜く高精度キャスト、安定したリトリーブなどを実現。フィールドは港湾、汽水湖、小中規模河川などのシーンで活躍。

シマノ

・B88M/R

パワーと操作性を重視したアイテム。15~30g超のバイブレーションやブレードベイト、9~16cmクラスのミノーなどに適応。狙ったポイントを正確に射抜く高精度キャスト、引き抵抗の強いルアーに対する安定したリトリーブ、スラクチャ―周りでのパワーファイトなどを実現。フィールドは港湾、汽水湖、小中規模河川などのシーンで活躍。

シマノ

・B96M/R

パワーと遠投性能を重視したアイテム。15~30g超のバイブレーションやブレードベイト、9~16cmクラスのミノーなどに適応。中~遠距離攻略、引き抵抗の強いルアーに対する安定したリトリーブ、ラインテンションをキープしたパワーファイトなどを実現。フィールドは河川、干潟、沖堤などのシーンで活躍。

シマノ

B96M/R にも興味アリ
買えませんけど・・・


エクスセンス B108M+ インプレ

試投 エクスセンスB108+

この日は、購入した エクスセンスB108+ に加え

・ワールドシャウラ 17114
・ヤマガブランクス 103MH
・Gクラフト MB-1102北西

投げ慣れた3本をを持ち込んだ。
また、合わせるリールも使い慣れた

・カルコンDC200+下町スプール

10g程度では、殆ど曲がらない
30gくらいが気持ちいい
40gジグ、プラグは少しキツイ

潰れや捻じれに強い「スパイラルXコア」の恩恵かどうかわかりませんが、ロッドが暴れる事は一切ない。収束も早い。
投げるのが気もちいい。

ルアーを投げて、巻いて回収 ⇐繰り返しで無限ループに陥りました(笑)

そして、投げると「シュッ」とスピニングでお馴染みの音がします。

ベイトで初めて聞きました(笑)

抵抗の少ないルアーでは気になりませんでしたが、抵抗の大きいルアー + 潮が効きたら穂先が持っていかれます・・・

長さからくるモノか、反発によるモノは判断できませんが疲れます。長時間の使用は厳しいかもしれません。
しっかりとグリップを脇に挟んで固定します。


エクスセンス B108M+ インプレ

飛距離

この日は、生憎の爆風
30gジグを投げるも強烈な向かい風で中断⤵

残念ながら次回への持ち越し・・・
エクスセンスが一番飛んでいました⤴ 

別の日 計測

ロッド:エクスセンス ジェノス B108M+
リール アンタレスDCMD+下町スプール(Bスペック)
ライン:PE2号
ルアー:8号シンカー

エクスセンス B108M+ インプレ

105m

エクスセンス B108M+ インプレ

111m

思った程、飛びませんでした。
感覚的にはもっと飛んでいると思ったのですが・・・
ワールドシャウラ17114Rより少しだけ飛んでいました。

まとめ

エクスセンス B108M+ インプレ こんなロッドです。
今回、勢いで購入しましたが、どこで何を釣るかは決まっていません(笑)
サーフヒラメに使いたいとも思っていましたが、サーフのヘビーウエイトルアーを投げるには少しキツイ・・・

次は、ネッサのベイトモデル、期待しています。シマノさん!

高反発と言うより、

超反発でした。

これだけ高反発だと、小さな個体はバラシが連発し、弾くかも・・・

まあ、実際、魚を掛けてみないとね。

少し触れただけでは理解する事は出来ませんでしたが、投げ比べると色々と見えてきます。

ヤマガブランクス、Gクラフトがまるでグラスロッドのように感じたのはここだけの話。

後日、飛距離を含め詳細を更新しますが、次回は単独の飛距離測定にします。
果たして、この高性能が釣果に結びつくのかは分かりはませんが、シマノの最先端技術は素晴らしい。


関連記事
ロングロッドは本当に飛ぶのか?
ルアーの飛距離

宜しくお願いします!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください